メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漢字のルーツ、金文は「筆文字」か 京都の美術館など、鋳造技法解明

蓋(ふた)に銘文が鋳込まれた彔簋(周時代、紀元前10世紀)=泉屋博古館提供、深井純氏撮影

 約3000年前の中国・殷周時代の青銅器に鋳込まれた古代文字「金文(きんぶん)」について、京都市の美術館「泉屋博古館」と福岡県芦屋町の文化施設「芦屋釜の里」の研究グループが製作技法を鋳造実験で解明した。繊細な字をどのように器に表現したか諸説あったが、泥水を付けた筆で鋳型に字を盛り上げた「筆文字」の可能性が高いと結論づけた。金文は後世の書家の手本ともなった漢字のルーツで、青銅器や書の研究に一石を投じる成果だ。【野上哲】

 黄河流域で栄えた王朝の殷(商、紀元前17~同11世紀)、周(同11~同3世紀)では儀礼用の酒器など青銅器が高度に発達し、精巧な造形は世界にも類を見ない。殷では亀の甲羅などに刻んだ甲骨文に続き、紀元前14世紀ごろから青銅器に事績などを記した文字、金文が出現した。金文は拓本が取られて後世の書家が手本とし、研究の対象ともなった。

この記事は有料記事です。

残り1378文字(全文1751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです