メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教皇に体験語る 東日本大震災被災者の集い

「東日本大震災被災者との集い」で話すフランシスコ・ローマ教皇=東京都千代田区で2019年11月25日午前10時33分、玉城達郎撮影

 25日午前に東京都内で開かれた東日本大震災の被災者の集いでは、3人の被災者が登壇し、体験や思いをローマ教皇に語った。

 津波で園児をなくした岩手県宮古市の幼稚園園長、加藤敏子さん(60)は「震災を通して、世界中の多くの人たちが心を寄せてくださり、人と人とのつながりで助け合って生きていく姿に希望を持つことができた」と感謝の言葉を口にした。教皇の手を握った加藤さんは「温かく柔らかく大きな手だった。優しいだけでなく強い人と感じた…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです