メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教皇、大聖堂で「青年との集い」 先進国で認定率極めて低い日本に難民受け入れ訴える

東京カテドラル聖マリア大聖堂・カトリック関口教会で行われた「青年との集い」で講話するフランシスコ・ローマ教皇=東京都文京区で2019年11月25日午後0時24分(代表撮影)

 フランシスコ・ローマ教皇は25日、東京都文京区の東京カテドラル聖マリア大聖堂で開かれた「青年との集い」に出席した。集いには日本で暮らす難民申請者5人と難民留学生1人が招かれた。教皇は「苦難を経験し、皆さんの国で難民となることを求めてきた人たちに、友情の手を差し伸べてください」と述べ、先進国の中で難民認定率が極めて低い日本に対し、紛争による被災者に寄り添う姿勢を示すよう訴えた。

 若者の信徒を代表しフィリピン出身のカチュエラ・レオナルドさん(20)ら3人が登壇。外国人差別を受けた経験などから、信仰にどう向き合い、世界に広がる差別やいじめにどう対処すべきかを教皇に問いかけた。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです