メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「わざわざ握手してくれた」難民認定求める在日クルド人青年 ローマ教皇と面会

東京都文京区の教会で25日開催された「青年との集い」に出席したフランシスコ・ローマ教皇と在日クルド人青年のドゥルスン・ラマザンさん=ラマザンさん提供

 難民認定を求める在日クルド人青年ドゥルスン・ラマザンさん(22)は25日、東京カテドラル聖マリア大聖堂(東京都文京区)で開催された「青年との集い」でフランシスコ・ローマ教皇と面会を果たした。

 笑顔で握手した教皇はラマザンさんに国籍を聞くなどしたといい、ラマザンさんは「緊張しすぎて用意していた話はできなかったが、わざわざ握手をしてくれとてもうれしかった」と感激を語った。

 教皇は集いで「皆さんの中には、他の国から避難してきた人もいるでしょう。私たちが望む未来の社会を、一緒に作り上げることを学んでいきましょう」と強調。ラマザンさんら難民申請者が会場に招かれていることに触れ「特にお願いしたいのは、ひどくつらい目にあって皆さんの国に逃れてきた人たちを受け入れることです」と述べた。先進国の中でも際立って難民認定率が低い日本の入管当局の対応を念頭に、受け入れ拡大などの改善策…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文872文字)

和田浩明

1991年4月入社。英文毎日編集部、サイバー編集部、外信部、大阪社会部を経て2003年10月から08年3月までワシントン特派員。無差別発砲事件、インド洋大津波、イラク駐留米軍や大統領選挙を取材。09年4月からはカイロに勤務し、11年1月に始まった中東の民主化要求運動「アラブの春」をチュニジア、エジプト、リビア、シリア、イエメンで目撃した。東京での中東、米州担当デスク、2度目のワシントン特派員などを経て2019年5月から統合デジタル取材センター。日本社会と外国人住民やLGBTなどの今後に関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです