メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ♡マンガ for TOKYO2020

「柔道部物語」「JJM 女子柔道部物語」技や組み手がリアル 金メダリストも虜に

インタビューに答える恵本裕子さん(右)と小林まことさん=横浜市で2019年10月28日午後9時、滝川大貴撮影

 「クールジャパン」の代名詞ともなっている日本のマンガ文化。その中でも一大ジャンルを成しているスポーツマンガの世界では、空想とリアルが交錯し相乗効果を生み出している。作者やアスリートへのインタビューを通じて、マンガとスポーツの関係を探ってみよう。1回目は「柔道部物語」に触発された柔道女子の金メダリスト、恵本裕子さん(46)と作者の小林まことさん(61)に聞いた。

 名だたる柔道家が「バイブル」として挙げる「柔道部物語」は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で1985年から91年にかけて連載された。高校で柔道部に入った主人公の三五十五(さんごじゅうご)が、一本背負いを武器に全国トップを目指す物語だが、作者の小林さんによると、もともとは短編のギャグマンガとして構想されていたという。

この記事は有料記事です。

残り3218文字(全文3559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです