特集

ALL FOR 2020

東京オリンピック・パラリンピックの特設ページ「ALL FOR 2020 東京へともに歩む」では、五輪を目指すアスリートの情熱を紹介する「Passion」、彼らと共に歩み、そばで支える人たちを描く「Together」、さまざまな分野で活躍する人たちに大会への思いを聞く「東京・わたし」などを展開します。

特集一覧

スポーツ♡マンガ for TOKYO2020

「ガンバ!Fly high」金メダリストの発案きっかけ 「キング」を生み、「キング」が受け継ぐ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ガンバ!」に影響を受けた内村選手。新作の監修について自身のフェイスブックで「漫画という形で皆さんに体操の魅力を伝えていけるように、菊田先生と物語を作っていきたいと思います!」とコメントしている=三浦博之撮影
「ガンバ!」に影響を受けた内村選手。新作の監修について自身のフェイスブックで「漫画という形で皆さんに体操の魅力を伝えていけるように、菊田先生と物語を作っていきたいと思います!」とコメントしている=三浦博之撮影

 1994年から2000年にかけて「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された体操マンガ「ガンバ!Fly high」(原作・森末慎二、作画・菊田洋之)は、世の体操少年たちを魅了した。16年リオデジャネイロ五輪の金メダリスト、内村航平選手(30)もその一人で、同作に触発されたという。作画を担当した菊田さん(51)は「まさか自分の作品の読者から金メダリストが出るなんて思わなかった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1789文字)

【ALL FOR 2020】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集