メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ♡マンガ for TOKYO2020

「ガンバ!Fly high」金メダリストの発案きっかけ 「キング」を生み、「キング」が受け継ぐ

「ガンバ!」に影響を受けた内村選手。新作の監修について自身のフェイスブックで「漫画という形で皆さんに体操の魅力を伝えていけるように、菊田先生と物語を作っていきたいと思います!」とコメントしている=三浦博之撮影

 1994年から2000年にかけて「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された体操マンガ「ガンバ!Fly high」(原作・森末慎二、作画・菊田洋之)は、世の体操少年たちを魅了した。16年リオデジャネイロ五輪の金メダリスト、内村航平選手(30)もその一人で、同作に触発されたという。作画を担当した菊田さん(51)は「まさか自分の作品の読者から金メダリストが出るなんて思わなかった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです