メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪のテロ対策 新宿西口駅で危険物探知の実証実験

 国土交通省は25日、来年の東京五輪・パラリンピックのテロ対策強化を目的に、東京都新宿区の都営地下鉄大江戸線新宿西口駅で、人や物から自然放射される電磁波を映像化する「ボディースキャナー」を使って危険物を探知する実証実験を始めた。

 この日の実験は、国交省が実験を委託している警備会社のエキストラを対象に…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです