特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

東京五輪の星へ トランポリン女子・森ひかる 「勝負ネイル」でキラリ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
歌舞伎のイメージなどを描いたこだわりのネイルを披露するトランポリンの森ひかる=東京都北区の国立スポーツ科学センターで2019年11月23日、喜屋武真之介撮影
歌舞伎のイメージなどを描いたこだわりのネイルを披露するトランポリンの森ひかる=東京都北区の国立スポーツ科学センターで2019年11月23日、喜屋武真之介撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて新設された東京・有明体操競技場で28日、トランポリンの世界選手権が開幕した。本番と同じ会場で初の五輪切符獲得に挑むのは、女子のエース、森ひかる(金沢学院大ク)。高校1年からトランポリン王国の石川県へ移住し、世界の舞台を目指してきた。宙返り、ひねり……。空中を舞う時、その指先にキラリと光るものがある。レオタードの柄をイメージした「勝負ネイル」だ。20歳の素顔と強さの秘密に迫った。【円谷美晶】

 午前11時すぎに始まった女子予選。森は入場の際、笑顔で観客席に両手を振ると、アップに臨んだ。トランポリン台から弾みをつけ、ポーン、クルクルッ。縦回転の3回宙返りに横回転のひねりを加えた大技「トリフィス」の確認に余念がない。「世界選手権で決められなかったら、五輪では決められない。自信を持っていきたい」と、大舞台を前に意気込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1524文字(全文1907文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集