メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンドに迫る

視覚・聴覚障害者の観劇 サポート日設定、解説も

 視覚・聴覚障害者にもっと演劇を楽しんでもらおうと、観劇サポートをする劇場や劇団が増えている。「目が見えなくても耳が聞こえなくても、適切な手助けをすれば十分舞台を楽しんでもらうことはできる」。関係者はそう口をそろえる。

 新国立劇場(東京都渋谷区)は来月上演する「タージマハルの衛兵」(小川絵梨子演出)でサポート日を設定した。無料、要予約で聴覚障害者向けは15日、視覚障害者向けは21、22日。先行して取り組む東京芸術劇場(同豊島区)にノウハウを教わり、公演事業課の桑原貴課長と佐藤和人を中心に進めている。昨年12月に始まり、今回が3回目となる。

 聴覚障害者には、セリフや音などの情報を文字で流す手持ち型字幕機を貸し出す。案内係は「トイレはどこで…

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文1899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです