メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

写Now 布の美しさ最大限に 多摩美術大

テキスタイルパフォーマンスの華やかな衣装に身を包んだパフォーマーたち=多摩美術大学八王子キャンパス内で

 11月2日から4日まで開催された多摩美術大学芸術祭で、「テキスタイルパフォーマンス2019交交(こもごも)」が上演された。同大の生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻の学生たちを中心とした有志が、会場設営から演出までを手掛けた。

 テキスタイルとは、布地や織物を指す。同学科の学生たちは、糸選びからデジタルプリントまで、テキスタイルに関するありとあらゆることを学んでいる。そんな学生たちによる、テキスタイルの魅力を伝えるためのパフォーマンスだ。単に布を見せるのではなく、音響や照明、体の動きを用いて、テキスタイルの持つ美しさを発揮させる。

 会場は同大八王子キャンパス内(東京都八王子市)のメディアホール。ステージを挟むように設置された客席…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです