メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬と一緒に闘病したい 福岡の10歳、行政などに要請 新聞コンクール最優秀賞

自宅の庭で愛犬チョコと遊ぶ清武琳さん=福岡県粕屋町で2019年11月22日、田鍋公也撮影

 入院生活でストレスを抱える子どもに寄り添う「ファシリティードッグ」と会える日を願い、病院や行政に働きかけ続けている小学生がいる。自身も重い病気と闘う福岡県粕屋町の粕屋中央小5年、清武琳(りん)さん(10)。これまでの活動をまとめた手記が「c」(日本新聞協会主催)の小学生部門で最優秀賞に選ばれた。病院や行政にいまだ願いは届かないが、受賞を受け「誰かの役に立ちたい」との思いを強くしている。

 清武さんは、生まれつき背骨が左右に曲がる「脊柱(せきちゅう)側湾症」と肋骨(ろっこつ)欠損があり、今も年2回、体の成長に応じて福岡市立こども病院(福岡市東区)で手術を受けている。手術の前日は消灯の時間が過ぎても不安で眠ることができず、泣き出すこともあるという。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです