メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護と育児、両立の日々 熱田高演劇部、「ダブルケア」実態学び披露 /愛知

ダブルケアをテーマに熱田高校演劇部が制作した劇の一幕=名古屋市熱田区で

 元気だったはずの母がある日突然倒れ、幼い子どもを抱えながらの介護生活が始まった――。子育てと介護を同時に担う「ダブルケア」をテーマにした劇を、県立熱田高校(名古屋市熱田区)演劇部が制作した。17日に開かれた同区の催しで披露されると、生徒の演技に涙する人もいた。【加藤沙波】

 劇は、保育園児2人を育てる女性が主人公。母が脳出血で倒れると、住宅リフォームや保険関係の会社などとのやりとりに追われたり、育児と介護、家事が重なったりと、息つく間もない生活を描いた。限界まで追い詰められながらも、子どもたちが成長し、介護を手伝ってくれるようになる喜びも表現した。

 今年度からダブルケアの研究プロジェクトを展開する名古屋学院大(同区)が、広く知ってもらおうと熱田高演劇部に依頼したことがきっかけ。当事者らで作る団体「ダブルケアパートナー」代表、杉山仁美さん(38)=同市瑞穂区=の経験をもとに、生徒が脚本を書いた。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです