メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/87 「コワイ国」になった中国 強まる国民監視と統制 /大阪

一般道の検問所。バスの乗客全員の身分証検査があった=吉林省で2019年9月、石丸次郎さん撮影

 取材で中国に通い始めて26年になるが、この数年は行くのが少し怖い。入出国の度に緊張でどんよりした気持ちになる。日本人がスパイ行為を理由に逮捕される事件が相次いでいるからだ。

 2015年5月以降スパイ容疑で拘束されたのは分かっているだけで14人。うち9人が起訴され、8人に懲役刑の判決が下りている。拘束者の中には、長く日中交流事業をしてきた団体の理事長、温泉探査の仕事で出張中の会社員もいた。裁判は非公開なので、一体どの行為が、なぜ、スパイ罪に問われたのかもはっきりしない。 

 北海道大学の岩谷將教授が9月に北京で拘束された事件は、中国を訪れる研究者やジャーナリストに衝撃を与…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです