メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひょうごで暮らす

工員たちを撮り続ける、写真家・長谷川佳江さん 美しき下町工場の侍 /兵庫

真剣なまなざし=「Power of photo」より、長谷川佳江さん提供

 中小の工場と住宅が混在する神戸市長田区。造船業の下請けなどを担う鉄工所で、ものづくりに打ち込む工員たちを撮り続ける写真家、長谷川佳江さん(55)=同市垂水区。飛び込みで撮影を申し込んでは、断られることも数知れず。1年間通い詰めて撮影した15カ所でのモノクロポートレート約100点を今月、神戸アートビレッジセンター(同市兵庫区)での個展「Power of photo」で披露した。【木田智佳子】

 長谷川さんは子どもの頃から絵を描くのが好きで、20代までは画家を夢見ていた。結婚、出産・子育て、離婚を経験する中で断念。障害者の通所施設職員やケアマネジャーの仕事に就いた。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです