メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小山田古墳 基底部「89メートル」説 前園教授、発掘調査を分析 未完成の可能性も 明日香 /奈良

小山田古墳で見つかった巨大な石張りの溝=奈良県明日香村で、宮武祐希撮影

 飛鳥時代最大の方墳と判明している明日香村の小山田古墳について、前園実知雄・奈良芸術短大教授(考古学)が、県立橿原考古学研究所など各機関の発掘調査成果を踏まえて分析し、墳丘基底部は1辺89メートルに及ぶ巨大なものだったとする論文を執筆した。古墳を巡っては、飛鳥時代の舒明天皇の初葬墓説や、蘇我蝦夷のために築造された説などがあり、議論に一石を投じた形だ。【藤原弘】

 論文は先月刊行された白石太一郎・国立歴史民俗博物館名誉教授の傘寿を記念する論文集「古墳と国家形成期の諸問題」(山川出版社発行、税別1万6000円)に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです