メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨 被災者支援で「寄り添い室」 総社市に専従部署 /岡山

被災者寄り添い室の看板を掲げる片岡聡一市長(右)=総社市中央1の総社市役所で、林田奈々撮影

 総社市は25日、西日本豪雨被災者の支援に専従する「被災者寄り添い室」を発足させた。この日、片岡聡一市長が職員6人に辞令を交付し、「被災から1年過ぎてなお困り果てている人のため、一人一人の家に行って寄り添うことが我々の使命。『事務屋』の気持ちを捨てて取り組んで」と訓示した。

 同市では448世帯が被災。うち95世帯…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです