メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VリーグFC東京・野瀬将平選手「笑顔から復興へ」願い バレー教室開催費残金、豪雨義援金に17万円 /福岡

林市長(左)に義援金と記念のバレーボールを贈る野瀬選手

朝倉・南陵中出身

 朝倉市立南陵中学校出身でバレーボールVリーグのFC東京に所属する野瀬将平選手(26)が25日、市役所を訪れ、5月に開いた九州北部豪雨復興支援バレーボール教室の開催費用の残金約17万円を義援金として贈った。【桑原省爾】

「今後も貢献したい」

 野瀬選手はバレーボールを通じて復興の役に立ちたいと小学生を対象にした教室の開催を計画。朝倉地域出身のVリーガーに協力を呼び掛け、自らクラウドファンディングで資金を集め、市内で教室を開いた。資金は2…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです