メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

国内初の「気候非常事態宣言」=長崎県壱岐市長・白川博一氏

=長崎県壱岐市で

 世界の自治体で急速に広がる「気候非常事態宣言」=1。気候変動を緊急に対応すべき危機と位置づけ、国や自治体が対策に乗り出す宣言だが、これまで日本で宣言する自治体はなかった。今年9月、長崎県壱岐市が国内初の宣言を出した。なぜ宣言することになったのか。どのような対策を考えているのか。白川博一市長(69)に聞いた。【永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り2748文字(全文2909文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです