メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から エンディングノート、利点は

 Q エンディングノート、利点は

最近はエンディングノートの活用を積極的に勧めている自治体が増えています。関心はありますが、いざ書くとなると筆が進まず、おっくうになってしまいます。書いたほうがよいのでしょうか。(女性、70代)

 A 思考整理し、思いのたけを

 エンディングノートを書く機会を先送りする方は少なくありません。各自治体がエンディングノートを勧める理由は二つあります。まず、書く作業を通じて利用者の心と頭が健やかになること。それに、「おひとりさま」の死後事務処理について、自治体の負担を軽減するという狙いもあります。

 家族のためではなく、備忘録としてメモ書き程度に作成するといいでしょう。最初からきちょうめんにすべて…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  5. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです