メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から エンディングノート、利点は

 Q エンディングノート、利点は

最近はエンディングノートの活用を積極的に勧めている自治体が増えています。関心はありますが、いざ書くとなると筆が進まず、おっくうになってしまいます。書いたほうがよいのでしょうか。(女性、70代)

 A 思考整理し、思いのたけを

 エンディングノートを書く機会を先送りする方は少なくありません。各自治体がエンディングノートを勧める理由は二つあります。まず、書く作業を通じて利用者の心と頭が健やかになること。それに、「おひとりさま」の死後事務処理について、自治体の負担を軽減するという狙いもあります。

 家族のためではなく、備忘録としてメモ書き程度に作成するといいでしょう。最初からきちょうめんにすべて…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです