メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スティック、チューブ、ジャーなど、さまざまなタイプがあるリップクリーム。一般的にクリーム状の方が油性成分を多く含む

 空気が乾燥し、唇の荒れが気になる季節がやってきた。ケアグッズとしては、スティック状のリップクリームが一般的だが、店頭にはチューブタイプ、ジャータイプなど数多くの商品が並んでいる。自分に合った物の選び方や効果的な塗り方を知っておこう。

 ●放置すれば炎症も

 アオハルクリニック(東京都港区)院長の皮膚科医、小柳衣吏子(えりこ)さんの元には、目元のしわや肌のしみの相談に多くの女性が訪れる。だが、肌には敏感でも、唇の荒れには無頓着だったりするのが残念でならない。「唇は小さなパーツとはいえ、会話の時などに他人からよく見られることに、多くの人が気付いていません」

 肌の表面には、水分の蒸発を防ぎ滑らかさを保つ皮脂膜がある。唇にはそれがほとんどないため、傷付いた時…

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです