メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・二階幹事長、女性・女系天皇は「おのずから結論」 党内議論は「慎重に」

自民党の二階俊博幹事長=2019年11月18日、川田雅浩撮影

 自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、皇位継承に関し、女性天皇や母方が天皇の血筋を引く女系天皇への見解を問われ、「男女平等、民主主義の社会を念頭に考えていけば、おのずから結論は出ると思う」と述べた。ただ、党内議論について「慎重を期すことが大事だ」とも述べ、賛否については明らかにしなかった。

 二階氏は2016年には「各界で女性が活…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです