立憲、年内合流を模索 「吸収」警戒の国民には賛否両論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党と国民民主党の合流を巡る目標、課題
立憲民主党と国民民主党の合流を巡る目標、課題

 立憲民主党が、衆参両院で統一会派を組む国民民主党との年内合流を探り始めた。早期の衆院解散に備え、「政権交代の受け皿」となる大きな野党を作る狙いだ。ただ国民側には、規模で上回る立憲に「吸収」されるとの警戒感は根強く、賛否両論がある。原発政策など基本政策で接点を見いだせるかが焦点となる。【野間口陽、東久保逸夫】

 「立憲民主党を評価し、『一緒にやりたい』と言われたことはありがたい」。立憲の福山哲郎幹事長は26日の記者会見で、国民佐賀県連が24日に「年内合流」を党本部に求める決議を採択したことを受け、合流への期待感をにじませた。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文945文字)

あわせて読みたい

ニュース特集