メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダム活用した水害対策強化で初会合 政府

 政府は26日、今年10月の台風19号で水害が多発したことを受けて、ダムの洪水調節機能強化に向けた関係省庁検討会議の初会合を首相官邸で開いた。緊急時には治水目的だけでなく、水道や発電など利水目的でダムにためた水も事前に放流することで、貯水容量を増やす方針を確認。政府は来年夏の運用開始を目指し、ダムを活用した水害対策強化を進める。

 全国には治水機能のあるダムが562基、上下水道、発電、農業など利水目的のダムが898基ある。ダム全体の貯水容量のうち、治水目的に使用できるのは約3割にとどまる。菅義偉官房長官は26日の初会合で、利水目的の容量も洪水調節に活用する方針を示し、「近年の災害の激甚化を踏まえ、国内全体の治水機能を強化できるよう政府一体の取り組みをお願いしたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. サッカー・ルヴァン杯 26日開催の7試合中止に 新型コロナ感染拡大

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです