メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療制度改革 「官邸・財務省」と「与党・厚労省」で攻防

首相官邸で開かれた第1回全世代型社会保障検討会議。左手前から2人目は安倍晋三首相=2019年9月20日午後3時20分、川田雅浩撮影

 政府の「全世代型社会保障検討会議」(議長・安倍晋三首相)が12月中旬に公表する中間報告に、医療制度の負担増を伴う改革の方向性を盛り込むか否かを巡り、「官邸・財務省」と「与党・厚生労働省」との間で綱引きが激しくなっている。26日の同会議で麻生太郎財務相が迅速な実行を求めたのに対し、自民党厚労族らも会合を開いて反発。決着は年末にもつれそうだ。

 今年10月に消費税率10%への引き上げが完了したのを踏まえ、会議は医療を巡る次の「給付と負担」の見直しが焦点だ。特に、①新たに75歳になる人から窓口負担を原則1割から2割に引き上げ②外来受診時の定額上乗せの導入――が浮上。官邸や財務省は診療報酬の改定率が決着する年末に、医師の技術料をプラスにする代わりに中間報告に方向性を明記したい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです