メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州警察が対ISサイバー作戦 アカウントなど2万6000件削除

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

 欧州連合(EU)の欧州警察機関(ユーロポール)は25日、過激派組織「イスラム国」(IS)のオンライン上の活動を妨げるための作戦を展開し、ISに関わりがあるソーシャルメディアのアカウントなど2万6000件を削除したと発表した。

 ISはシリアとイラクで物理的な支配地域をほぼ失ったが、サイバー空間でのプロパガンダは続いていた。

 作戦は今月21~24日、ベルギー捜査当局のテロ対策部門の主導でIS傘下のアーマク通信などを狙って行われた。EU加盟11カ国が参加。ISが欧州出身者を含む外国人戦闘員の勧誘手段として使ってきた機密性の高いロシアの通信アプリ「テレグラム」を含むプラットフォーム9社も全面的に協力した。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです