聴覚障害者向け「電話リレー」緊急通報にも対応 総務省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 総務省は、2021年度からの全国整備を予定している聴覚障害者向けの「電話リレーサービス」について、110番や119番などの緊急通報にも使えるようにする方針を25日の有識者検討会に示した。従来の民間主体の同サービスでは緊急通報を原則受け付けていなかったが、システムを整備してニーズに応える。

 電話リレーサービスは、手話通訳ができるオペレーターが間に入り、インターネットと電話回線で聴覚障害者と健聴者を結ぶ。海外先進国では公共イン…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

あわせて読みたい

ニュース特集