メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者に寄り添う医療犬「病院に来てほしい」 福岡の小5の訴え「新聞コン」最優秀賞に

新聞コンクール小学生部門で最優秀賞を受賞した清武琳さん。自宅の庭で愛犬チョコと=福岡県粕屋町で2019年11月22日、田鍋公也撮影

 入院生活でストレスを抱える子どもに寄り添う「ファシリティードッグ」と会える日を願い、病院や行政に働きかけ続けている小学生がいる。自身も重い病気と闘う福岡県粕屋町の粕屋中央小5年、清武琳(りん)さん(10)。これまでの活動をまとめた手記が「いっしょに読もう!新聞コンクール」(日本新聞協会主催)の小学生部門で最優秀賞に選ばれた。病院や行政にいまだ願いは届かないが、受賞を受けて「誰かの役に立ちたい」との思いを強くしている。 

 清武さんは、生まれつき背骨が左右に曲がる「脊柱(せきちゅう)側湾症」と肋骨(ろっこつ)欠損があり、今も年2回、体の成長に応じて福岡市立こども病院(福岡市東区)で手術を受けている。手術の前日は消灯の時間が過ぎても不安で眠ることができず、泣き出すこともあるという。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです