メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時、遊具がテントに 山口・防府市が機能付き公園整備へ

防災機能の付いた公園の完成イメージ図=防府市提供

 山口県防府市は、遊具が避難用テントに、ベンチがかまどに早変わりするなどの防災機能を持つ公園を、同市新築地町の三田尻中関港に整備する。20日に設計・施工業者を発表し、完成イメージ図を公開した。

 公園は、道の駅「潮彩市場防府」に隣接する県有地6000平方メートルに整備する。一帯は国土交通省の「みなとオアシス」の指定を受け、県がにぎわいの創出と防災拠点づくりを進めており、その一部を市が担うことになった。設計・施工業者は、民間から企画を募るプロポーザル方…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです