メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男児死亡パトカー事故 男性巡査部長を書類送検 警視庁

警視庁=本橋和夫撮影

 東京都千代田区で8月、緊急走行中のパトカーが横断歩道を横断中の男児をはねて死亡させた事故で、警視庁は26日、パトカーを運転していた新宿署地域課の男性巡査部長(51)を自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で書類送検した。

 書類送検容疑は8月18日午前10時半ごろ、千代田区麴町6の国道20号の交差点を徐行せずに緊急走行し、青信号で横断歩道を歩いて渡っていた男児をはね、死亡させたとしている。

 巡査部長は「横断歩道上の人が止まってくれたから加速した。お子様の命を奪ってしまい申し訳ない」と容疑を認めているという。男児には気付かなかったという趣旨のことを話している。警視庁は起訴を求める「厳重処分」の意見書を付けた。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです