村上水軍博物館、「水軍」から「海賊」へ名称変更

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
戦国時代のとりでを思わせる村上水軍博物館=愛媛県今治市宮窪町で
戦国時代のとりでを思わせる村上水軍博物館=愛媛県今治市宮窪町で

 2004年の開館以来、約91万人が訪れた愛媛県今治市の「村上水軍博物館」(宮窪町宮窪)の名称が来年4月、「村上海賊ミュージアム」に変更されることになった。市が26日、発表した。ミリオンセラー小説「村上海賊の娘」(和田竜著)や、日本遺産「“日本最大の海賊”の本拠地 芸予諸島」の認定などで「海賊」の名称が定着し、来年10月に「日本遺産フェスティバル」が同市で開かれることも考慮した。スタッフ増員なども図る。

 市の12月議会に名称変更の条例改正案、銘板、看板などの改修費200万円の予算を計上する。博物館は日本初の「水軍(海賊)の歴史をたどる博物館」として開館。中世に村上海賊の主要家系として活躍した能島(のしま)村上家の拠点だった能島城の考古学調査、村上家関連の文献調査を続けるとともに、各種企画展で中世瀬戸内海の「日本最大の海賊」の記憶をたどってきた。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文644文字)

あわせて読みたい

注目の特集