メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ協定 努力目標達成には毎年7.6%削減必要 国連環境計画が報告書

パリ協定の実施指針採択を祝うCOP24議長のクリティカ・ポーランド副環境相=ポーランド・カトヴィツェで2018年12月15日、ロイター

 国連環境計画(UNEP)は26日、年7・6%のペースで温室効果ガスの排出量を削減する必要があるとする報告書を公表した。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」で掲げる「産業革命前からの気温上昇を1・5度に抑える」という努力目標を達成するため。現在のペースで排出が続くと、今世紀中に世界の平均気温は産業革命前より3・2~3・9度上昇するという。

 報告書によると、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの世界全体の排出量は、2014~16年がほぼ横…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです