メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフリカ豚コレラ、予防的殺処分の対象へ 江藤農相、検討明らかに

江藤拓農相=東京都千代田区で2019年9月20日、滝川大貴撮影

 江藤拓農相は26日の閣議後記者会見で、中国などで猛威を振るう家畜伝染病のアフリカ豚コレラ(ASF)が日本国内で発生した場合、周辺地域で未感染の豚を予防的に殺処分することを検討していると明らかにした。日本に侵入すれば、急速に感染が広がる恐れがあるためで、必要な法改正を進める方針。

 アフリカ豚コレラは豚やイノシシに感染する伝染病で、致死率はきわめて高い。人には感染しない。日本国内で感染が広がった豚コレラ(CSF)とは異なる病気で、有効なワクチンや治療法が見つかっていない。2018年8月にアジアで初めて中国で確認され、ベトナムやフィリピン…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです