メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

期末試験前日にヒントをツイッター投稿 県立高教諭を処分 兵庫県教委

学校の教室(写真はイメージ)=ゲッティ

 期末試験の前日に問題のヒントをツイッターに投稿したとして、兵庫県教委は26日、県立高校に勤務する40代の男性教諭を戒告の懲戒処分とした。男性教諭は日ごろから、ツイッターで生徒らから授業について質問を受けるなど有効活用していたが、県教委は今回の行為は「試験問題の漏えいに当たる」と判断した。

 県教委教職員課によると、男性教諭は1年生の「社会と情報」の科目を担当。7月4日に授業で教えた「JISコード」に関し、英数字の文字列をツイッターに投稿。これを解読すれば、翌5日…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです