メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強化打ち出す国、苦悩に満ちた現場…追い込まれ、心を病む児童福祉司が後を絶たず

自治体の回答からは児童福祉司らが保護者への対応に苦慮し、多忙さに追われる実態が浮かびあがった

 難しい保護者対応、子どもの命のために時間外も続く緊張感――。全国の児童相談所に勤める児童福祉司の50人に1人が精神疾患を理由に休暇・休職に追い込まれていたことが毎日新聞の調査で浮かび上がった。国は児童福祉司の増員と機能強化策を打ち出したが、一つ一つに慎重な判断を要する業務の負担は人員増だけでは解消できず、現場の不安は拭い切れていない。【青木絵美】

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文2950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです