メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体育授業中、走り高跳びの支柱倒れ小6男児が失明 神奈川・真鶴

神奈川県真鶴町真鶴(中央)付近=2019年6月17日、本社ヘリから

 神奈川県真鶴町教育委員会は26日、同町立まなづる小学校(浜口勝己校長)で今月7日、体育の授業中に走り高跳びの練習をしていた6年の男子児童(12)が左目を失明する事故があったと発表した。

 町教委によると、事故があったのは7日午後3時ごろ。6年生約40人が体育館で6グループに分かれて走り高跳びの練習をしていた。児童2人が園芸用の支柱(高さ1.5メートル、直径1センチ)を持ち、その…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです