体育授業中、走り高跳びの支柱倒れ小6男児が失明 神奈川・真鶴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神奈川県真鶴町真鶴(中央)付近=2019年6月17日、本社ヘリから
神奈川県真鶴町真鶴(中央)付近=2019年6月17日、本社ヘリから

 神奈川県真鶴町教育委員会は26日、同町立まなづる小学校(浜口勝己校長)で今月7日、体育の授業中に走り高跳びの練習をしていた6年の男子児童(12)が左目を失明する事故があったと発表した。

 町教委によると、事故があったのは7日午後3時ごろ。6年生約40人が体育館で6グループに分かれて走り高跳びの練習をしていた。児童2人が園芸用の支柱(高さ1.5メートル、直径1センチ)を持ち、その…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

注目の特集