メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ♡マンガ for TOKYO2020

「エースをねらえ!」松岡修造さんを鼓舞し続けた「メンター」 宗方コーチが与えくれた気づき

記者の質問に答える元テニス選手の松岡修造さん=東京都港区で2019年11月18日、藤井達也撮影

 元プロテニスプレーヤーでスポーツキャスターの松岡修造さん(52)にとって、「エースをねらえ!」(山本鈴美香/集英社)は「メンター」(指導者)のような存在だ。現役時代は自分を励まし鼓舞してくれたし、引退後は人生のさまざまな場面で「気づき」を与えてくれた。「この本に出会わなければ、今の自分はなかった」とまで言い切る。【川崎桂吾】

 「国内での試合なら全巻持って行きました。海外ツアーでも必ず何冊か選んでカバンに入れていました。試合中もコートチェンジの間にページを開いたりして。セリフに赤線も引いていましたね」

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです