メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ♡マンガ for TOKYO2020

「SLAM DUNK」もっとバスケがしたいです!! プロ挑戦の阿部翔太さん 心動かすプレーで復興の力に

マンガ「スラムダンク」は主人公がシュート練習に励む場面が気に入っているという仙台89ERSの阿部翔太選手=仙台市青葉区で2019年11月19日、和田大典撮影

 1990年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった「SLAM DUNK」(スラムダンク)は多くの読者の心をつかみ、ブームを生み出したバスケットボールマンガの金字塔と言われる。プロバスケBリーグ2部・仙台89ERSでプレーする阿部翔太さん(26)も作品にのめり込んだ一人だ。出身は東日本大震災で被災した宮城県石巻市。「復興に少しでも役立てる選手になりたい」と願っている。【斎藤文太郎】

 「両親と5日間くらい連絡が取れず、もう死んでしまったと思って。電話がつながった時は心からほっとしました」

この記事は有料記事です。

残り1958文字(全文2202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです