メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名門・関学大アメフト部で40年以上続く4年生の丸刈り 専門家が心理を解き明かす

試合終了後、1列に並んだ関西学院大の選手たち。丸刈りの4年生たちと髪の毛を伸ばす下級生たち=大阪府吹田市の万博記念競技場で2019年11月24日午後1時56分、丹下友紀子撮影

 関西学院大アメリカンフットボール部で4年生が試合前に頭を丸刈りにする慣習が40年以上続いているのをはじめ、大学アメフト選手に丸刈りが多いのはなぜか。筑波大体育系特任助教(体育心理学)の雨宮怜さん(30)に理由を聞いた。【聞き手・丹下友紀子】

 --髪を刈って試合に臨む。なぜこのような行動を取るのか。

 ◆スポーツをする人が気合を入れるため、髪を整えることが日常的に行われている場合、それを繰り返すのはルーティンみたいなもの。普段と同じパフォーマンスを出すには、習慣化した行動をすることが大事。関学大アメフト部ではいろいろな意味があると思うが、験担ぎや迷信行動の一つとも言える。人は良い成果が出た時、その前の行動が強化される。例えば、試験前にある神社で祈願して合格すれば、次も同じ神社に行くようになるように、行為に対して結果や報酬が出れば、その行為…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです