メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球でも減った丸刈り頭 関学大アメフト部4年生が40年間続ける理由

丸刈りにした頭で試合後に校歌を歌う関西学院大の4年生選手たち=大阪府吹田市の万博記念競技場で2019年11月24日午後1時57分、丹下友紀子撮影

 五厘に刈られた頭がグラウンドに並ぶ。最近では高校球児でも減ってきた髪形が、大学アメリカンフットボールの選手たちには多く見られ、それを40年以上続けている学校もある。戦略や戦術が重視される科学的スポーツのアメフトで、「因習」とも思える丸刈りの選手が多いのはなぜか。【丹下友紀子】

鳥内監督「やらんでええねん」と否定的

 関西学生アメフトリーグ最終戦前日の今月9日。大学日本一を争う毎日甲子園ボウルで最多29回の優勝を誇る関西学院大(兵庫県西宮市)では、選手たちがバリカンを手に互いの頭を刈り合っていた。4年生が試合前日に行う恒例行事だ。「丸刈りにしても試合に勝てない。伝統だからやるのは嫌」と当初は大反対していた石川幸一郎選手(4年)も「むしろ今はやりたい。覚悟」と歓迎していた。

 同リーグの他校や関東大学リーグ加盟校でも頭を丸刈りにする選手は少なくない。ただし、関学大ではマネジ…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです