メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『四隣人の食卓』ク・ビョンモ/著

◆『四隣人の食卓』ク・ビョンモ/著、小山内園子/訳(書肆侃侃房/税別1600円)

 入居10年以内に最低3人子を成す、という条件の下に、郊外の「夢未来実験共同住宅」に入居した4組の夫婦と幼い子供たちが織り成す、韓国の、日常系ディストピア小説である。

 刊行された昨年、韓国では合計特殊出生率がはじめて1.0を割り込んで0.98となったという。正直言って、子供のいない私は、このニュースの前ではうつむいてしまうしかない。この本を手に取ったとき、果たして共感できるところはあるのか、との不安の雲は頭の上に立ち込めていた。けれど、杞憂(きゆう)だった。人の親だとしても、子供と手を繋(つな)いでいないときには誰しもが個々人の地平に立っているのだった、と、気付く。

 最寄りの保育所までの距離を鑑み、住人たちは、代わりばんこに子らの面倒をみる共同保育をはじめる。「早くに出勤する人だからと最低限のビジュアルでも許される作り置きおかずの担当」のひとりが、炒めものをしながら考える。「何かを洗い、ちぎり、切り、お湯を沸かし、という行為そのものが、いかに時間や費用……それよりなにより健全でゆとりのある肉体と精神を必要とするのか」。清く正しい共同生活を営むことと、「健全」…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです