メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ♡マンガ

for TOKYO 2020/3 「ベイビーステップ」2007~17年 名場面にならう戦略

プレーする車いすテニスジュニア選手の橘龍平さん=東京都品川区で、宮間俊樹撮影

 一つ一つの試合で自分を成長させ、決してあきらめない――。車いすテニスの国内ジュニアランキング1位の小学6年生、橘龍平さん(12)=千葉県浦安市=はテニスマンガ「ベイビーステップ」(勝木光作、講談社)の主人公からそんな姿勢を学んだ。大人になってパラリンピックに出ることが目標だ。

 大学までサッカー選手だった父航平さん(42)の影響もあり、小さい頃はサッカーが大好きだった。先天的な背骨の疾患の影響で6歳から車いす生活に。競技を始めたのは小学1年生の時だ。

 「友達の紹介で地元のテニススクールに見学に行って、すぐに好きになりました。最初は競技用の車いすを持っていなかったので、相手の球に追いつくのが大変でした。2カ月くらいかかって初めてコート内に打ち返すことができた時はうれしかったです」

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  4. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  5. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです