特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

熱血!与良政談

改憲に見る首相の私情=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
与良正男専門編集委員
与良正男専門編集委員

 「桜を見る会」の公費私物化疑惑が一段と深まる中で、憲法改正の前提となる国民投票法改正案の今国会成立は見送られる公算が大きいという。これで安倍晋三首相の自民党総裁任期中の改憲は難しくなったという見方もある。

 ところが、そうなると今度は「首相は苦境を脱するため、またぞろ早期の衆院解散・総選挙に踏み切るのではないか」といった話に政界の関心は向かいがちだ。

 その前に改めて考えてみたい。なぜ首相は改憲にこだわるのか。その理由についてだ。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文944文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集