「名ばかり事業主」過労死 遺族、佐川急便を提訴 大阪地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
亡くなる前日まで着ていた兄の永田誠さんの制服を手にする妹の寿美子さん=大阪市淀川区で、梅田麻衣子撮影
亡くなる前日まで着ていた兄の永田誠さんの制服を手にする妹の寿美子さん=大阪市淀川区で、梅田麻衣子撮影

 佐川急便(本社・京都市)から配送業務を請け負っていた大阪市の男性(当時51歳)が2009年に脳内出血で死亡したのは、長時間労働が原因だとして、遺族が同社に約4500万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。亡くなる前の時間外労働は平均で月151時間に及んでいた。男性は個人事業主として業務委託契約を結んでいたが、遺族側は「実質的には会社の指揮下にあり、佐川には安全配慮義務があった」と主張している。【戸上文恵】

 27日に第1回口頭弁論があり、佐川側は男性が労働基準法上の労働者には当たらないと主張。「男性と雇用契約はなく、安全配慮義務は負わない」として争う姿勢を示した。実態は労働者なのに最低賃金や労働時間が守られない個人事業主は、「名ばかり事業主」と呼ばれて問題になっている。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1173文字)

あわせて読みたい

注目の特集