メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和も縁起よく 福岡・太宰府天満宮

正月の縁起物の準備をするみこたち=福岡県太宰府市の太宰府天満宮で2019年11月27日、矢頭智剛撮影

 福岡県太宰府市の太宰府天満宮で27日、令和になって初めて迎える新年の縁起物の準備が始まった。

 縁起物は来年のえと「子(ね)」にちなんだ置物や鈴、開運の矢、鮮やかな色のちりめんのひもを輪にした福むすびなど8種類。置物と鈴はネズミが赤い前掛けをして正座している可愛らしいデザインで、人形師の中村弘峰(ひろみね)…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです