メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動で「津軽じょんがら節」譜面化 ピアノ演奏で調べ再現 八戸工大で公開授業 /青森

公開授業で披露された「津軽じょんがら節」のピアノ演奏=八戸工業大学で

 三味線演奏を自動的に譜面化する自動採譜装置を開発し、難曲とされる「津軽じょんがら節」の譜面化(西洋楽譜と三味線譜)に成功した八戸工業大学大学院(八戸市)の小坂谷壽一教授(67)が25日、同大の公開授業で研究成果を発表した。この装置で譜面化された西洋楽譜のピアノによる演奏が試みられ、津軽じょんがら節の調べが再現された。【塚本弘毅】

 小坂谷教授は、自動採譜装置の研究に2009年から本格的に取り組んできた。特殊なエレクトリック三味線で入力してコンピューター処理する方法で採譜し、これまでに県内を含む東北の民謡約60曲を譜面化。津軽じょんがら節はテンポが速く、曲の作りが複雑なため採譜は難しいとされてきたが、人工知能の導入と、音の入出力や編集処理などの高速化で採譜の精度が上がり、譜面化が可能となった。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  3. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  4. 東京都 新たに89人感染 新型コロナ

  5. 専門家「もっとわかりやすく」「まず信頼獲得を」 政府のコロナ情報発信に注文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです