メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考える歴史」授業実践集 3教員が編集、発行 大人の「学び直し」にも /千葉

「考える歴史の授業」を編集した(左から)若杉教諭、加藤客員教授、楳澤特任教諭=千葉市稲毛区で

 生徒らが主体的に歴史を探究するよう工夫した授業の実践例を紹介する「考える歴史の授業」(地歴社)を、県歴史教育者協議会の教員3人が編集し、発行した。小学校から大学の社会科目の授業で実践した取り組み60件をまとめた。教員の参考になる授業の実践集だが、「歴史の謎や問題などをテーマにした生の授業を通じて、大人の歴史の学び直しとしても面白い内容になっている」と話す。【宮本翔平】

 編集したのは、国士舘大の加藤公明客員教授、同協議会会長で敬愛学園高の楳澤和夫特任教諭、幕張総合高の若杉温教諭の3人。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです