メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四日市港120周年 歩み振り返る企画展 写真、パネルなど290点 市立博物館 /三重

 開港120周年を迎えた四日市港の歩みを振り返る企画展(毎日新聞社など後援)が四日市市安島1の市立博物館で開かれている。12月15日まで。

 四日市港が開場港に指定されたのは1899(明治32)年。それ以前の歴史も含め、古文書や絵図、掛け軸、写真、パネルなど関連資料約290点で港の軌跡をたどっている。

 このうち、江戸時代に四日市廻船(かいせん)と桑名廻船が海路の主導権を裁判で争ったことや、当時の…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです