パラ世界陸上2冠 「東京でも金メダル」 佐藤選手報告会 岡山 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京パラリンピックへの抱負を語る佐藤友祈選手(左)=岡山市北区で、益川量平撮影
東京パラリンピックへの抱負を語る佐藤友祈選手(左)=岡山市北区で、益川量平撮影

 15日までアラブ首長国連邦(UAE)で行われたパラ陸上の世界選手権で2大会連続の2冠を達成した佐藤友祈選手(30)らの活動報告会が25日、岡山市北区であった。所属する会社の同僚や家族ら約270人が集まり、活躍に拍手を送った。

 壇上に上がったのは、人材派遣関連会社「グロップサンセリテ」(岡山市北区)のパラ陸上部「WORLD―AC(ワールドアスリートクラブ)」に所属する佐藤選手と松永仁志選手兼任監督(47)、生馬知季選手(27)の3人。佐藤選手は1500メートルと…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集