メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じこじこ

現場の声を /高知

 今夏の参院選に続き、知事選で野党統一候補の松本顕治氏(35)を担当した。7月に比べて変化があったのは、国会議員の応援が多数入ったことだ。その数は50を超えた。党首クラスも続々と来県し、街頭演説で熱弁を振るった。野党の共闘をアピールする狙いもあり、その目的は一定程度かなえられたように感じる。

 しかし、彼らが主に訴えたのは国政に関することだった。特に印象に残ったのは「桜を見る会」を主催した安倍晋三首相…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです