メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

大学入試のあるべき姿

英語の民間試験導入について反対の声を届けるため、発言している都内の高校2年生、KENさん=東京都新宿区で2019年11月13日午後4時、小国綾子撮影

 大学入試センター試験に代わり2020年度に始まる予定の大学入学共通テストが批判を浴びている。地域や所得による不公平が生じる可能性を問題視された英語民間試験の導入は、萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言を引き金に延期となった。国語と数学の記述問題も採点などで疑問が出ている。大学入試のあるべき姿を考える。

この記事は有料記事です。

残り4414文字(全文4566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです